大学日記

アホな大学生がストイックなカインドマンを目指すパンチの効いた日記🔥

読書の時間

最近時間があるので、今しか出来ない事をやろうと思って読書をしてるんですが読書はいいものですね

今読んでる本は「成功者はなぜ、帝王學を学ぶのか」というものなんですが、これがとても面白い

今までよく言われていたけど強くは意識したことが無かったことがいくつか書かれていてそれを自分の考えを通してこの本を読み進めていく、すると筆者の伝えたいこととそれを比べることで自分がどうあるべきかという事を考えさせられる機会を作ってくれる本なんですね

と、私は解釈しましたが語彙力のなさが出てしまいましたね笑

この本を読んでからというもの、日常の何気ないことに頭を使う機会が増えたなと実感しています 例えば今日友達と焼肉に行ったんですが、「この肉を食べるまでに何人の人が関わったのだろう  この牛にも関わった人達にも感謝しないとな」と肉を食べる時に思いました

今までならこんなこと考えていなったので、不意にそう思った時は本の影響が出ていることを実感しました

とても小さなことだけれど、少しずつ自分の考えがいい方向に向かっているのかな...

この先も感謝の心を大切にして成功者に近づきたいです