大学日記

アホな大学生がストイックなカインドマンを目指すパンチの効いた日記🔥

承認欲求を持つことの是非

こんばんは!けいごたろうです😉

昨日はアルバイトをしてから友達の家に行ってオールをしました 中々新鮮で楽しかったです

ただ、オール明けの朝ってとても憂鬱な気分になるんですよね きっと慣れていないからでしょう。

ところで久しぶりのブログの更新ですが、今日はいつもと少し異なる話をしたいと思います

それは「承認欲求」を持つことは良いことなのか、それとも悪いことなのか という事についてです

f:id:syokora000:20180717125731j:image

なぜこの話をするかと言うと 僕自身、「やりたい事」と「やるべき事」が矛盾したからです

このブログは元々東京大学大学院に向けて勉強するためのモチベーション維持を目的として作りました

そこから自分の大学生活でやりたい事の話題にも触れていこうと筋トレの話を沢山書き込んできました

その結果今ではほぼ筋トレのみのブログになり、本来の目的である東京大学大学院および勉強についての話題は一切書き込まなくなりました

それは自分にとって筋トレの方が楽しいと思ったからなのでしょうか

実はそうではありません、東大院に合格したいのも事実ですが そのために「やるべき事」が多すぎるのです その「やるべき事」を前にすると気持ちが乗らなくなるのです

矛盾してると思いませんか? 「やりたい事」を達成するための「やるべき事」をやりたくないなんて  そんなことならいつまで経っても「やりたい事」ができないじゃないですか

「やるべき事」のハードルを下げるのも一手ですがそれでもやる気が起きないので、なぜ東大院に合格したいのかと改めて考えてみました

その結果、「他人に凄いと思ってもらいたいから」という理由が一番しっくりきました

そしてそれを自ら認めた途端に「やるべき事」自体が「やりたい事」に見えてきました

これでこの問題は解決したものと思われますが

新たな疑問が浮かびました

それは

「承認欲求」を持つことは良いことなのか ということです

考えた末の結論を書くと、「悪い事ではない」です。

非常に曖昧な答えですがこれは広い意味を持っているのです

悪い事ではないということは、「普通もしくは良い事」であることなのです

つまり、いくら承認欲求を持っていたとしても自分を責める必要はないのです  最近では承認欲求を悪とする発言が散見されますが、そのようなものに気を取られなくていいんです

だって、みんな褒められることは好きでしょう? なら褒められるために生きるのもアリだとは思いませんか? そういう生き方も、好きなことを探求する立派な生き方だと思うのですが。

きっと承認欲求を持つことを良く思わない人は、持っている人に対して「鬱陶しい」とか「自己アピール強すぎ」とか思うんでしょうね

確かにそれは嫌なことですね ただ、それは承認欲求を持っていることが悪いのではなく、他人に無理強いして欲求を満たそうとしている事が悪いのです 強い承認欲求を持つ人は無意識にそのようなことをしてしまうために他人から嫌な目で見られてしまうのかもしれません

そんな押し付けがましい人にならないためにはどうすれば良いのか

それは 「自分を認めること」です

他人からの評価を強く期待する根本的な理由は自分を認めることができていないからだと思うのです

そのため今一度自身と向き合い、自分を認めてあげてください そうすれば更なるQOLの向上にもつながることでしょう

それでは皆さんまたいつか!🤗